読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代兼業FXトレーダーの独り言

シンプル手法、おすすめ本、本音でぶった切りもある、ただの独り言です

実践・レンジブレイク手法

 

 
※以前書いた記事を投稿しました。
検索で来て下さる方がいらっしゃるようですので、
たまに投稿します。
少しでもお役に立てれば幸いです。

ツイッターはほぼ毎日つぶやいておりますので、
よければご覧ください。

twitter.com

 

あとで少し書き直します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブレイクするためには、

エネルギーをタメる必要があります!

 

 

 今回は僕がメインで使おうかなと考えていた、

60分足のレンジブレイク(押し目買い、戻り売り)

を紹介します。

 

 1、チャート設定

SAM21 SMA55 SMA89 RCI(9,26,52)

 

2、トレンドを見つける

60分足で3本のSMAが綺麗に21、55、89と並んだら、

トレンドが発生したとみなす。

 

3、レンジを見つける

60分足で3本のSMAが綺麗に21、55、89と並び

トレンド発生を確認した後に、

ローソク足がSMA21を割った時をレンジとみなす。

 

4、SMA21を割る前の高値(安値)から

10時間高値(安値)を更新しないことを確認

*ブレイクにはエネルギーが必要であり、

僕の調べでは10時間ほど必要という結果が出ました。

 

5、10時間くらいのレンジを確認したあと、

SMA21を割る前の高値(安値)を少し更新したあたりに

指値注文をする。

チャートをずっと見れる方はブレイク確認後に、

サポートライン付近でエントリー。

押し目、戻りの場合は、レンジの中でエントリーをする。

 

6、勝率を上げるテクニック

・4時間足でも3本のSMAが綺麗に21、55、89と並び

トレンド発生が確認できると、ブレイクしやすい。

・4時間足のRCI(9.26.52)を確認。

RCI(26.52)が±80以上に張り付いているときに、

RCI(9)が反対方向に落ちて戻ってくる動きがあるときに、

ブレイクアウト(押し目、戻り)が成功しやすい。

 

7、リミットとストップ

これは個人の裁量とそのときの相場によるとしか言えません。

よく20pipsでリミット、10pipsでストップと決まられている方がおりますが、

僕はあまりおすすめはできません。

僕がこの手法を使うとしたら、リミットは相場によって50~100pips

ストップは前回高値(安値)を少しずらしたポイントにします。

例えば、100円のブレイクアウトでエントリーをしたとしたら、

99円90銭とか80銭にします。

その中で、損小利大を意識します。

あとは二段決済などをします。

 

画像はトランプ大統領と利上げ相場で爆上げをした

ドル円の1時間足です。

緑の⇧は1時間足でエネルギー充電を確認し、

4時間足のRCIのタイミングがピッタリのときです。

赤いラインは前回高値です。

f:id:fxono:20161216111054p:plain

 

 

次の画像はそのときのドル円4時間足です。

f:id:fxono:20161216111427p:plain

 

 

一回目のRCIは、RCI(26)が+80以上に張り付き、

52がプラス圏内に入り上昇していたため、

OKということにしました。

 

後付けにしては、とても綺麗な分析結果ですw

 

◎この手法のメリット

移動平均線とRCIだけなので、

テクニカル分析がとても簡単。

・一方的に進む相場とわかっているときには、

めちゃめちゃ勝ちやすい。

・4時間足のトレンドフォローになるので、

一度目のブレイクアウト(押し目)で入れば、

L放置でもかなり儲かる。

・損小利大がやりやすい。

 

×この手法のデメリット

・一方的に進むかどうかを見極める目が必要。

つまりファンダメンタルズ分析により、

相場の方向性を見極める相場観が必要なため、

想像力と分析力が必要で難易度が高い。

・あとから見たときにはとても簡単な相場に見えるが、

一方的に進む相場だったため、実はとても難しい相場。

 

 

この手のトレンドフォロー手法は、

FXの教科書によく紹介されていると思います。

さすがにマルチタイムフレームやRCIは教科書にはありませんが、

専業トレーダーさんのブログや西原宏一さんの書籍にて紹介されております。

 

 

僕はほかにメインの手法がありますので

使用しておりませんが、

 トレンドフォローが得意な方であれば、

いい感じに使えるのではないでしょうか。

ご利用は自己責任にてお願いします。