読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代兼業FXトレーダーの独り言

シンプル手法、おすすめ本、本音でぶった切りもある、ただの独り言です

FXトレードに役立つ本 最新版

 

 

※以前書いた記事を投稿しました。

検索で来て下さる方がいらっしゃるようですので、

たまに投稿します。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ツイッターはほぼ毎日つぶやいておりますので、

よければご覧ください。

 

twitter.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ぶっちゃけ、

外国人トレーダーが書いた本だけでいい!!

 

 

 

どうも、絶賛風邪でダウン中のおのですw

さて、年始のトレードを振り返りますと、

僕は本業がサービス業で大忙しでしたが、

ドル売りで無双しておりました!

負けたのは、ドル円ショートが謎の爆上げで切られただけで、

あとは無敗です。+270pipsでした。

 

しばらくチャンスがないので、

FXはゆっくり休んでいようと思います。

 

さて本日はFXトレードに役立つ本の話です。

 

冒頭でも書いたように、

外国人トレーダーが書いた本だけでいいですよ。

 

例えば、

ジョー・ ディナポリ

 

 

ジェシー・リバモ

 

 

ラリー・ウィリアムズ

 

 

ジェイソン・ウィリアムズ

 

 

 タートルズ、カーティス・フェイス

 

 

 以上が僕が実際に読んで、

かなり参考になった書籍ですね。

ですが、はっきりいってこの書籍等で理解までいかないので、

そこから自分に合う手法なりスタイルを探す作業になります。

いわゆるトレード1000本ノックですねw

 

個人的におすすめなのが、まずデモで操作になれて、

なれたらリアルトレードの1000通貨からはじめて、

いろんな手法で一年くらいボコボコに負けてから、

またデモに戻って手法固めをして、

そしてリアルに戻るのがいいかと思います。

こういう順番だと、必要なことと無駄なことがわかってきます。

僕は学んだ手法の9割を捨てて一つだけやっていますし、

リアルでボコボコにされた経験があるので資金管理には超うるさいですし、

ファンダは盾、テクニカルは剣と使い分けられていますし、

ツイッターやブログは百害あって一利なしと知りましたし、

独自のスタイルができてきました。

 

これも1000本ノックのおかげかと思いますw

FX初心者の方は特におすすめです! 

 

こういうことをしないと、

自分がテクニカルが得意なのか、ファンダが得意なのか。

スキャルピングが得意なのか、デイやスイング、

ポジショントレードが得意なのか。

順張りが得意なのか、逆張りが得意なのか。

全然わからないんですよ。

 

FXは性格によってかなり違ってくるので、

誰かのマネをすれば勝てる世界ではないと思うのです。

 

ですから、これからFXを始められる方は、

FXトレード1000本ノックをお勧めいたします。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみになぜ僕が外国人トレーダーだけでいいと

言い切ったかといいますと、某FX雑誌を立ち読みしたときに、

自称専業トレーダーたちの手法が紹介されていたんですね。

その手法を見てみたら、

有名な外国人トレーダーの劣化版だったんです。

 

また、そのほかにもFXブログや商材を一年研究したところ、

彼らの手法もまた、有名な外国人トレーダーの劣化版だったわけです。

 

例えば、ディナポリのダブルレポやシングルペネトレーション。

ボリンジャーバンド逆張り。エクスパンションの順張り。

タートルズのブレイクアウト。

 

所詮劣化版なので、エントリータイミングは遅いし、

リスクリワードレシオも超微妙だし、偏った目線でのトレードだし、

オシレーター頼りの決済やら、GCDC頼りのエントリーやらで、

何から何まで詰めが甘いんです。

だったら、最初から本家の手法や考え方、資金管理を学んだほうが、

はるかにいいと思ったわけです。

 

ですから、僕は外国人の有名トレーダーが書いた本だけでいいと

言い切ったわけです。

 

日本の書籍で買ったほうがいいのは、

FXの基本書籍だけでいいと思います。

 

 -------------------------------